2022年1月13日

お客様紹介

清水久遊作 帯地切りばめ親王飾り

こんにちは。本日は名古屋市からお越しのK様の御雛飾りのご紹介です。

清楚で高貴な印象の久遊作。
木目の台に金屏風がお人形を美しく引き立てます。

男雛の御衣装には金糸が織り込まれており、ごくごく細い良質な絹糸を使用しているため
金屏風と相まって繊細な輝きを放ちます。

御衣装には「切りばめ」という技法を用いています。
数種類の帯地(お着物の帯)をアップリケのように継ぎ合わせる技法で、とても手の込んだ御衣装でございます。

女雛にもえんじ色の御衣装に金糸が織り込まれております。
五衣は白からベージュへのグラデーションで、唐衣との色合わせが久遊らしくモダンな組み合わせです。

お顔には優しいふっくらとしたお顔をお選び頂きました。
古典的な雰囲気が御衣装に調和しております。
お顔の種類も沢山あり、お顔が変わるだけで御衣装の雰囲気が全く違って見えます。

台のお色目で悩まれたお客様。
よりお人形が綺麗に見えるナチュラルな木目をお選び頂きました。


当店では節句人形専門店ならではの品揃えで、お好みのお人形を様々な台屏風に合わせて
お客様だけのコーディネートを楽しんで頂けます。

平日にご来店いただきますとよりじっくりとお選び頂けますので、
ホームページより平日ご予約をおすすめいたします。

この度は当店にて御雛飾りをお選び頂きまして誠にありがとうございます。
お嬢ちゃまの健やかなご成長とご多幸をお祈り申し上げます。
またのご縁をお待ちいたしております。